Aug. 28

チェーンソーで木の伐採をしていたところ、転んで足を切ってしまいました。
運悪くブレードの幅で2箇所も。
幸いにも当たったのが頚骨(すね)だったので、筋肉を切ることもなく安堵いたしました。
家族は気絶しそうでしたけど、ラグビーで怪我には慣れていたこともあり、消毒してクロマイPを塗って処置をしました。
「別に死ぬわけでもないし・・・」といつものように慌てることもなく平然としておりました。
会社には普通に行ったのですけど、血が滲んでくるので化膿したらまずいと思いましてサツマ先生のところへ行くことにしました。

「こんな状態ならすぐに来てもらわなくては困りますよ!」
と怒られまして。
結局15針縫いました。
談笑しながら縫ってもらいましたが、こんな患者は初めてのようで看護師さんがドン引きしておりました。

せっかく999回目のブログで記念すべきときに、こんな内容になってしまい申し訳ございません。