Aug. 28

いまさらお盆の時の話なんですけど。
蔦屋で借りてきて映画を何本か観ました。
ブラッド・ピット主演 「マネー・ボール」
トム・ハンクス主演 「キャストアウェイ」
この2本はとてもよかったです。

マネー・ボールはメジャーリーグのオークランド アスレチックスのジェネラルマネージャーの実話です。
プロスポーツの裏側というかフロントの立場を描いています。
お金のない球団の意識改革を進める内容はなかなか面白い。
ブラッド・ピットは恰好いいので女性でも楽しめます。

キャストアウェイもなかなかの作品です。
生きること、仕事に迷っている人は観るといいかもしれません。
世の中というのは理不尽なもので、やりきれない気持ちになるもの。
それでも前を向いて歩いて行こうとする姿には感動があります。
トム・ハンクスもヘレン・ハントも演技がとてもうまい。
といいますか、役になりきっているところがすごい。
主人公の心理にスーッと入り込めます。
「自分だったらどうするのだろう・・」と考え込みます。