Aug. 7

高校生の就職活動は9月1日に解禁となる。
7月に求人を確認して夏休み前に企業見学や志望企業を絞るという。
2年前から岡工ラグビー部の生徒さんを引っ張ろうと練習に参加したり、募集を出したりした。
しかし。
7月初旬に弊社が学校に訪問しなくてはいけなかったそうだ。
正規の事務手続きでそもそも出遅れてしまった。
進路担当の先生には「ちょっとこれからだと難しいんじゃないでしょうか・・・・」との話し。
「がーーーーん」

ところが。
高校生が見学に来てくれました!
めちゃくちゃうれしい!
来てくれただけで涙が出そうになった。
こんなことで喜んでいてはいけないのだけど・・・・。
実際に採用しないと意味ないけど・・・・。

でも、いいんです。
我々は多くのみなさんから高く評価される時が来ます。
必ずそうなる。
高校生が「あの会社面白そうだな・・・」と思ってくれるときが来ます。
お客さんのことを常に考え、仲間を信じ、少しでもステップアップしていこうとしているのだ。
神様がそんな我々を見過ごすわけがない。
(評価されるために頑張るのではありませんけどね)

暴れん坊は元気があっていいじゃないか。
オタクはひとつのことにこだわっていていいじゃないか。
成績が悪くたっていいじゃないか。
恰好悪くたっていいじゃないか。
ABCDEじゃないか。

先生や誰かがダメ出しするかもしれない。
そんなのたいした問題じゃないぞ。
学校のいい子と我が社でいういい子は全然違うからね。
自分らしさを発揮したい君。
待ってるよ!

何だかダメであることを前提にしているような文面。
ちょっとよろしくないかな。
でも、認めてもらえないストレスを抱えている人は結構多いと思う。
やってみようじゃない。