Can you stay hungry? Can you stay foolish?

入社式の映像をテレビで観る。
大卒者といえば22・3才だろうか。
どう見ても大人に見えない。
ひと昔前より幼いように見える。
自分もあんなだったのだろうか・・・・。
それはない。
絶対にない。
断言する。
だって、高校生の時に30才くらいに見られたから。(これは自慢にもならないが)

新卒者を同じ時期に大量に入社させる時代は終わりなのではないかと思う。
社会でさまざまな経験を積んで、失敗もたくさんして、嫌な思いもして、社会の厳しさを痛感してから最終的に自分のやりたいこと、できることを見つけていく時代なのではないだろうか。
若い時の特権でしょう。
海外で新卒者の就職内定率がどうのとか聞いたことがない。
アメリカなんかだと優秀な学生達は、できあがった会社にはそもそもいかない。
彼らからすると、そういう会社に行くこと自体が恥だという雰囲気がある。
自分で会社を立ち上げたり、名もないベンチャーで力を試したりする。
自分の存在意義をそういう場所で確立させていく。

一人ひとりの発想力や行動力が大きな意味を持つ時代になったから、日本もそうなるだろう。
というか、そうなっていかないと世界から取り残されるぞ。

厳しい世の中になって、「公務員になりたい」という子供が増えているという。
親も安定志向。
何だか夢がないなー。
変化のない毎日。
前例踏襲。

みんなお腹がすいてない。
みんなバカになれない。

ぶっ壊れないとわからないのか。