Dec. 24

久しぶりに楓と二人だけの夜。

昨日の強風はどこへやら。
我が家は暖房は薪ストーブ。
テレビなし。
山のふもと。
機械的な音はほとんど聞こえてこない。
耳を澄ましていると、時計の針がリズミカルに動いていた。
何の誘惑もない場所で生活しているので、「暗いから寝よう」となる。
「明日は走るかな。トレーニングもするし」と何も考えず眠りに落ちるのであった。

シンプルな生活をすると思考はシンプルになります。
考えることは減るということではなく、逆に増えるのですが、より深い思考になるといいますか。
気が散らないといいますか。
情報が多すぎると、必要のないものを選別して切り捨てるという能力が必要になるんですね。
会社で仕事をしているときは取捨選択の連続で頭が疲れる。
だから、家にいるときはシンプルな生活がよさそうです。