Dec. 7

今週の土曜日にSBCラジオ 武田徹のつれづれ散歩道に出演します。
会社紹介です。
9時45分くらいだそうです。
生放送みたいですよ。
会社のこととか自分のこととか、経緯を話していると長くなるので全て割愛したいんですよね。
話してたら番組終わっちゃうので。
じゃ、何を話そうかと思案しております。
質問に答える形だと思うんですけど、「どうでもいいことを聞いてください」って事前にお願いしようかな。
リスナーからは 「いったいこの人は何を言いたいんだ?」
武田徹さんからは「こんなのは初めてだ・・・」と言わしめるのも一興。
支離滅裂で終わろうかなと考えております。

話は変わって。
昨日の講演をするにあたって学校教育についていろいろ調べたんです。
学校の方針とかウェブサイトで閲覧したのですけど、「自己肯定感を・・」という記載が結構多く目に付きました。
みんなそんなに自己否定的なんですかね?今の子供たちは。
誰だって自分のことが一番好きだし、大事だと思うんです。
わたくしもご多分にもれず自分が一番好き。
否定的なことを発するよりも「褒めて伸ばそう」という意図があると思うんです。
それはそれで悪いことではない。
でも、みんながみんなで褒めあってどうするんでしょう。
そんなことを目標に掲げたり、テーマにする必要があるのだろうか。
疑問なんです。
ダメなことはダメって言うこと、言われることって大事だと思うんです。
だって、世の中って自分の思い通りにならないことばかり。
9割は。

ネガティブをポジティブに変換する思考。
こういうことのほうが大事な気がします。

いい方法があります。
そう。
そうです。
筋トレです。
どんな人間でも筋トレすれば肉体が変わります。
努力したぶん肉体は変化するので自己肯定感が高まります。
対人関係をよくしようと思っても上手くいかないことばかり。
ですよね?
奥さんや旦那さんはあなたの言うこと聞きます?
子供は?
一番身近にいる人だって思い通りになんかなりっこない。
皆さん毎日実体験してるじゃないですか。
でも、筋トレは違います。
必ず結果がついてきます。
自信がつきます。
気持ちが明るくなります。
周りには同じように明るい仲間が増えてきます。
いいことばかり。

先生は一生懸命褒めることを考える必要なし。
筋トレするきっかけだけ作ってください。
筋トレすれば、だれでも自分で自分を褒める思考に変化していきます。
いいことばかりだなー。
さあ、はじめましょっ。