deliberate practice

一万時間の法則というものがある。
一流と言われる人たちの練習時間である。
この理論に反論する学者もいるが、非常に興味深い。
青島健太氏のコラムが非常に分かりやすい。

カギになるのは、やはり自分に対する問いかけだと思う。
与えられたことをただこなしていくだけでは一流どころか二流にもなれない。
自分の仕事に当てはめてみる。
きっと、やり方次第、考え方次第で楽しさが広がるものだ。
取り組む姿勢の問題ということ。
一流になるためにするのではない。
少なくとも、前進していたいよね。
「なぜ?」という問いかけが、自分を押し上げてくれる。
そんな気がする。

deliberate practice
さあ、やってみよう。