endless

大雪。
長野に引っ越してきてから一番降った。
かいてもかいても積もる雪。
会社に行って、道路と駐車場をかく。
何人かの社員が出てきてくれたおかげで、何とか見通しが立った。
いざという時に頼りになる存在。
売上がたつわけではなく、利益を計上できるわけでもない。
自分の家だって、近所だって雪かきをしなくてはならないだろう。
それでも会社や近隣の皆さんのために行動を起こしてくれた。
ありがとう。

こんな日は会社に着くまでに1時間半かかる。
途中で雪かきをしている人はお年寄りばかり。
若い人たちはいったい何をしているのだろう。

小学生諸君のために通学路の雪をかく。
近くの家で「ギコギコ」音がする。
無視して続けていたけど、よく見るとドアをガンガン開けようとしてるおじいさんが見えた。
雪が積もって玄関があかないのだ。
救出!?・・・。
90歳のおじいさん。
よかった、よかった。
高齢者社会になってどうなってしまうのだろう。

みんなにありがとうと言われる。
そろそろやめようかと思っているときに限って言われる。
やめるタイミングを逸してしまう。
結局、リミッターが切れてエンドレスで続けてしまう。

試合が終わったときのような疲労と達成感。
おてんとうさま。
今日も頑張りました。