Feb. 1

スピルバーグ監督の「Bridge of Spies」を観た。
ラジオですばらしい作品だと言っていたので興味がわいたのだ。
なかなかいい映画だ。
ぜひお勧めしたい。

要所要所の台詞も心に残るものだった。

“standing man” ”不屈の男”

“what makes us Americans?   Just one thing, a one,  The rulebook.  We call it the Constitution and agree to the rules, and that’s what makes us Americans.  It is everything that makes us Americans.”
”何をもってアメリカ人なのだ? それは唯一つ、ルールブックだ。それは合衆国憲法であり、それこそがわれわれのすべてだ。”

人種の坩堝であるアメリカが成り立つのはこの合衆国憲法があるからだというこのくだりは「おー、そうだったか!」と心を揺さぶるものがあった。

組織で人と人とを結びつけるものは何か。
わが社で社員を結び付けているものは何か。
ただ給料のために働くというのは、やっぱり違うと思う。
理念や目的を共有できるかなのだと改めて思った。