Feb. 26

CP+

CP+が開幕。

初日から混雑。
カメラやレンズの売れ行きは前年割れを起こしているにもかかわらず人出の多さに驚く。

社名は認知されていないが、小職のことは印象に残っている方がいるらしく、お声かけいただきありがとうございます。

隣のブースでは画像を編集するソフトのプレゼンを行っていた。
色調やコントラストを調整して素晴らしい画像に変身させる。

本当にそれでいいのだろうか? と独り思う。
オリジナルの写真はいったい何なのだろう。
撮影した時の心情が映し出されるものだと思っている自分からすると、編集された画像はその時の本当の心情を表しているのだろうか。
デジタルになったおかげでつまらなさも増幅しているように思うのは自分だけだろうか。
白黒の横浜の夜景。
色を付けるのは自分の心。
心の中で編集するというのが残っていてもいいように思う。

yokohama