First of July

ものすごい大雨でまったく眠れず。

格安航空会社と車椅子の方のことが頭から離れず・・・。
ますます、ネット上ではヒートアップしているようですし。

わたくしも無責任発言しておりまして。
航空会社の経営的立場から考えれば、彼らの主張もある程度合理性があります。
大きな利益を生み出さない価格設定でビジネスを運用する。
極力人件費を削減し、満席にして飛行機を飛ばさなくてはならない。
人件費を削減するのだから、安全面だってサービスだって最低限のところすれすれでやりくりしなくてはならない。
障害を持った方が急に体調不良になったら・・。
飛行機のトラブルが発生したときに、全乗客の安全を確保できるか。障害を持った方を誰がどうやってケアするのか。
さまざまな起こりうる問題を想定していたら、事前に申請もしてもらいたいし。
万全を期せないと判断されたら搭乗をお断りしなくてはならないかもしれない。

社会的コストはみんなで負担しなくてはならない。
そう考えると、「生きていくって大変だなー」と思うのであります。
面倒なことは排除したいのではなく、事前に回避しておきたい。
それは、誰でも考えることですから。

みなさん、ご心配なく。
無責任な発言もしばしばしますが、責任はとりますんで。
もし、飛行機が不時着したら、自分がきちんと抱っこして脱出しますから。
逃げ遅れて死んじゃったら、それはそれで仕方ない。
それが俺の人生。

朝になったら、大雨がやんでやたらと静か。
勘弁してほしいです。