I can’t wait forever.

today’s music

取引先へ年末のご挨拶。
業界としては低調なのだが、明るい気持ちで新年を迎えたい。
明るく元気に挨拶。
我社とのお付き合いで、お客様が少しでも明るい気持ちになれるよう頑張るのだ。

お客さんにとって・・。
手のかかる作業。
面倒くさい仕事。

これが我々に与えられた生きる道。
それをこなして初めて「ありがとう」と言われる。
感謝されれば、また頑張ろうと思える。
その繰り返しだ。
「そこまでやってくれて・・・・」となって他に代え難い存在になる。
目指しているのはそこなのだ。

ファンをつくる。
つくろうと思ってつくれるものではない。
これはお金には代えられないもの。

教員になったとき、生徒を叱責している先輩の先生を見て
「もう少し待ってあげればいいのに・・・・」
とよく思った。
でも、時間は無限ではない。
与えられた時間の中で成果を出さなくてはならない。
自分がやってみて初めて知った。

恋愛や自分の好きなことなら待てる。
でも、今の状況の中で仕事では待っていられない。
我々には時間的余裕がないことをみんな知ったほうがいい。

I want to wait , but I can’t wait forever.