Jan. 30

世界一の大国、アメリカ。
その大統領が「America first」を連呼。
今までの大統領は「world」という言葉を使っていた気がする。

現場の方は「自分」より「チーム」を。
チームリーダーは「自部署」より「会社全体」を。
経営者は「自社」より「業界全体」「日本」を。
こんな感じで自分の抱えている組織よりも大きなものを語らなくてはならない。

何をやっても不満は起こるもの。
リーダーというのは「そうだよね、そのとおりだ」と受け入れることは大事。
でも、「このままじゃいけない。こうしていこうじゃないか!」と一段階上を見るように促すことはもっと大事。
ふと、そう思うのであります。

「自分だけ」「自分たちだけ」という発想は内向きである。
もっと、広い世界に目を向け、理想を高くもつことが大事な気がする。

連日の大統領令で嵐の予感。
嵐がおさまるのを待ちましょう。
混乱というのは決して悪いことではありません。
本来あるべき姿を再確認できるのです。
「こういう人を大統領に選んでしまった自分たちに問題がある」と反省する機会になるでしょう。