July 12

国立競技場の建設費が大きな問題となっている。
みんなお金に群がっている。

東日本大震災の復興予算が国立競技場の補修費に当てられて問題になったのに、もう取り壊された。
いったいなんだったのだろう。
今回の競技場の建設費は過去最大レベルというにはかけ離れたほど莫大。
政府も官僚も自分のお金じゃないからこんなことになる。
作ったらおしまいじゃない。
維持管理費というのがのしかかってくる。
高いものを作れば高い代償を払うのは世の中の常。
それを誰が払うのか。
税金で食べている人たちはひとごとなのだ。
過去の慣習も見直さない。
必要のなくなったものを切らない。
「みんなで共有しましょう」なんて日本人が頷きやすい言葉でごまかしている。
THE ENDは近づいているのに。

ギリシャがいま揉めている。
アテネ五輪はなんだったのか。
新国立競技場はどうなる?アテネ・オリンピックが遺した廃墟たち

そのときだけ盛り上がればいいという問題じゃないのだ。