July 18

日記を書くと血圧が下がる? 健康づくりに役立つ感情日記とは何か

わたくしの場合、このブログが日記のようになっております。
好き勝手書いて発散しております。
しかしながら、不特定多数の方が読むものですから好き勝手とは言いながらも自重しております。
コメントを受け付けると「お前にそんなことを言う資格はない」などと書き込まれると思うので、そのような設定は絶対にいたしません。
イヤだと思ったらスルーしてください。
よろしくお願いします。

最近は書くという作業をしない人が増えました。
PCやスマホで入力して難しい漢字も全部変換してくれます。
どんどん書けなくなります。
読めるのに書けないことが多くなっていませんか?
思考プロセスにも大きく影響しているように思います。

自分の感じたことを書き留めるのは大事なことですね。
ただ、書き留める。
寝る前に数行の日記を書くなんてオシャレです。
「今日も社長の言動はアホらしかった。バーカ」とかね。
世界には発信しないほうがいいですね。
トラブルになりかねませんし。
「いいね」をもらうために発信をするのもどうなんでしょうね。
結局、それって承認してもらうことに喜びを感じているだけです。
他人を介在させた自己愛ってことだと思うんです。
みんな誰でも自分が一番好きなんですけど、別に承認してもらわなくてもね~。

書くことってとても大事だと思います。
書いた字を見るだけでどんな感情が入っているかわかったりしますし。
美的感覚も養えますし。
キーボードやマウスでの入力では得られないものがたくさんあります。
手の不自由な方が書きたいのに書けない。
それを技術で補って文字入力する。
書けるのに書かない。
この2つには大きな差があると思います。
書けるのであれば、自分の手で書く。
こういう時間は残しておきたいものです。