June 2

無事に諏訪湖ハーフマラソンにエントリー。
半日足らずで8000人の応募で締め切り。
今年こそは1時間30分台で走りたい。

昨日、ウェイトトレーニングについて書いた。
大事なことを忘れていた。
「必ず結果が出る」というのも大きな要素である。
重たいものを持ち上げられるようになったり、筋肉が太くなることで体が大きくなる。
これは努力の結果である。
負荷をかけ、努力をすれば必ず報われる。
それは誰であってもだ。

不確定要素が大きな時代だからこそ、「必ず報われる」という余暇は精神安定上良いのではないか。
もしかしたら、気持ちのバランスを保つために心の奥底でトレーニングを欲しているのかもしれない。
思い起こせば、忙しい人ほどジムに行って鍛えている。
その時間を捻出するために仕事を整理し、スケジュールも管理する。
リフレッシュして仕事にも打ち込める。
仕事上での耐久力も増す。
考えればいいことばかりではないか。

精神安定剤的な活動として自分はトレーニングしている部分があるようだ。