June 23

参院選が公示され、7月に投票となる。
今回は有権者が18歳からとなったことが大きい。

学校などでは模擬投票などして選挙についての理解を深めているそうだ。
別にそんなことは学校でやらなくたって本人に任せればいいと思う。
生徒会や何やらで選挙はあるではないか。
だいたい、我々大人が子供扱いしすぎるのだ。
高校卒業までを義務教育とし、それまでに社会で必要な教養を身につけるような課程にしてしまえばいいのだ。
「高校を出たら立派な大人」としてきちんと大人扱いすればいい。
大人として扱わないから、自立できない若者が増えてしまうのではないですか。

若者たちには立ち上がっていただきたい。
高齢化社会となって、老人を優遇するような施策を打ち出す候補者しか当選しないようでどうする。
これはよろしくないでしょ。

「どうせ選挙に行ったって・・・」
ではなく、
「選挙に行かなきゃ、理不尽な目にあう」
と思って投票に行ってほしいものです。

歳をとったら、さっさと逝きましょう。
わたくしは、一応65歳を目処と思って計画を詰めております。
Endを決めておくと、
「おっ、時間ないじゃん」
「第4コーナーから最後の直線が見えてきた・・・・」
となりまして、やりたいこととやりたくないことを整理するようになるんですね。