Mar. 11

映画「マディソン郡の橋」で知られる著者のロバート・ジェームス・ウォラー氏が亡くなったとのこと。

この映画を観たのはいつだったか。
クリント・イーストウッドが監督し、自身もメリル・ストリープとともに出演している。
クリント・イーストウッドの作品は心理描写が非常にいい。
人間の孤独をうまく表現する素晴らしい監督だと思っております。

この本はベストセラーとなり、映画も話題となった。
人間の孤独を大人の恋愛を通して描いた作品で、あの当時はさまざまな論評が巻き起こっていたことを思い出します。

堅物系の方々には全く理解されない作品です。
「人というのはそういうもの」
「人というのは誰しもそういう側面がある」
というのが自分の考え。
「人というのはそれぞれにさまざまなものを抱えて生きており、その人生を簡単に否定できるものではない」
というふうに捉えるようにしております。

この作品を久しぶりに鑑賞してみようと思うのであります。

「roseman covered bridge」の画像検索結果