Mar. 21

毎日いろんなことが起こるわけですが、アドラー心理学が言っているように、すべて人間関係に起因する問題であります。

周囲の人はすべて価値観の違う人。
同じ人なんて一人として存在しません。
育った環境、経験してきたことが違うのですから。

そういう人たちと一緒の組織で仕事をする。

「価値観が違う」と言って離婚する方がたくさんいますが、価値観なんて違って当たり前なのに何言ってるの?と思います。

相手の存在、価値観を認めることからスタート。

その上で、自分の大事にしているものを理解してもらわなくてはならない。
では、「あなたが大事にしているものは?」と問われたときに、明確に答えられるだろうか。
これが曖昧であれば、相手に理解してもらうことは難しくなる。
けっこう、みんな曖昧なんだと思います。
言語化していないから、伝えられない。
言葉が足りないから、相手がいくら理解しようとしてくれても伝わらない。
そういうことではないかと思います。

我々は何で結びついているのか。
お金なのでしょうか。
目標なのでしょうか。
目的なのでしょうか。
仕事観なのでしょうか。
人生観なのでしょうか。
自分が大事にしていることを具体化できないと迷走するだけだし、仲間の理解は得られない。

だから、さまざまな人とかかわって人生の方向付けをして行くのだと思います。
いろんな意味で「学ぶ姿勢」が大事なのではないかといつも思います。

人とは何なのか、自分とは何なのか、より深く理解していくことをライフワークにしております。