Mar. 22

三連休でしたが牧草地に倒した赤松の片付けです。

手が痛くて万全ではないので、いつものようには切ったり折ったり運んだりはできません。

関先生曰く「驚異的な回復力」で作業ができてよかったと思います。

年輪を数えると70年くらいありました。

戦後わずかした頃に芽を出したんですね。

丸太切りするのも一苦労ですが、とにかく幹が重たいのでバックフォーで運びます。

面倒なのは枝葉で、数十往復しなくてはなりません。

途中で雨がたくさん降ってきたので、来週に持越しになってしまいました。

急に暖かくなってあちらこちらで花が咲き始めています。

5月くらいまで庭や山の中の花を楽しめそうです。