Mar. 25

東京方面は何と暖かいことか。
桜がほころび始め、菜の花も咲いていた。

学歴詐称だとか不倫だとか、「そんなことどうだってよくない?」と思うことが騒がれている。
「その人にはそうせざるを得ない何かがあったのだ」とスルーすればいいのに、みんな寄ってたかって叩きのめすんだよな。
「いじめはいけない」と言いながらも、自分たち自身がその当事者だったりする。
しかも、加害者側として。

皆さんが正義を振りかざすのはいいのだけれど、それは自分に跳ね返ってくるものだといつも認識していないといけないと思う。
その正義とやらも人それぞれ違いがある。
みんな、こころがざわついている。
満たされない何かがこういう流れを作っている。