May 17

議員が酒に酔った勢いで発言した内容が問題となり、党除名処分となったそうです。

当然といえば当然ですが、口に入れる嗜好品というのは気をつけなくてはいけませんね。

 

体は飲めてしまう。

だけど、飲みたい気持ちにならないので普段は飲みません。

違いの分からない男であり、飲むなら別に何でもいいのですけど、どうせ飲むならカルピスサワー。

カルピスのあの甘酸っぱい初恋の味に心が和むのであります。

立場上、夜のお付き合いも必要なのでしょうが、基本的に誘われないように仕向けております。

肉体的に強い男でいるためには、筋トレ。そして、休養。

このサイクルを大事にしております。

ツキノワグマに不戦勝するためには不断の努力が不可欠なのであります。

会った瞬間「こいつには勝てない・・・」。そう感じてもらわなくては。

ということで、早寝早起きが一番であります。

お天道様が昇ったら活動を開始し、日が暮れたら寝る。

本来、人間は夜行性動物ではないと思うので自然の摂理に従った生活が一番だと思います。

取引先様とお食事をするなら、ランチがいいです。

夜が嫌だっていうのは終わりの時間が決まらないというところにあります。

皆さん遅くまで飲むのがお好きのようですが、8時50分ごろになると「せっかくこの前の筋トレで重いの挙げたのに、台無しになっちゃうな・・・」「早く家に帰って寝っ転がって本でも読みたいな・・・」などと、そちらのほうが気になって、気持ちが低空飛行になっていくんですね。

それに、お酒に強いこともあって不用意な発言や失言も少ないので、一緒に飲んでいて相手が面白くない・・・はず。

あとですね。

相手を喜ばせなくてはならないという強迫観念を抱えておりまして、一生懸命になってしまいます。すごく酸素を消費します。

二酸化炭素の排出量が増えるので、環境にもよくありません。

翌日の疲労感は半端ありません。

諸々の事情がありまして、会食をするなら昼がいいんです。

とにかく、お酒には気をつけなくてはいけませんね。

ただ、一言付け加えるとすると、「お酒が悪いわけではない」。

「飲む人の問題」ということだと思います。

 

「酒が人間をダメにするんじゃない。人間はもともとダメだということを教えてくれるものだ」

立川談志