May 18

レンズ設計製造展初日。

多くの出展社は光学の仕事の減退に以前以上に危機感を抱いている。

お話しするみなさんの表情から判断するに、言葉以上に深刻な状況であると推察している。

このような状況でもお仕事を提供いただいていることに感謝しなくてはならないし、結果を残さなくてはならないと思う。

 

我々の進む道。

そのコアの部分は譲れないのだが、周囲からはどのように見られているのか。

プラスであろうがマイナスであろうが、さまざまな見解がある。

諸先輩方から様々な話を聞きながら、「我々の進む道は間違っていない」といつものように気持ちを新たにする。

初心忘るべからず。

自分のためにするのは趣味。

他者のためにするのが仕事。

地道に進むのだ。