May 22

全体最適化。
さまざまな解釈があるのだが。

お客様に満足していただかなければ、その会社は評価されない。
高く評価されなければ、会社は潤わない。
会社が潤わないと、個人も潤わない。
言いかえると、会社の財布が大きくならないと、個人の財布も大きくならない。

あなたにとって仕事とはなにか。
あなたにとって会社とはなにか。

おまんまのため。
お金のため。
そういう答えに行きつく方に言いたい。

「あなたの人生、つまらなさすぎる!」

でも、そういう人は少なからずいるので、一緒に仕事をしなくてはならない。
譲歩しよう。
そのかわり、「自分さえよければそれでいい」というのは勘弁してほしい。
「そんなことはありません」「自分はちゃんとやっている」と反論する人。
そうかもしれないね
でも、チームが勝たなきゃ意味なくない?
組織で戦ってるんだから。

困っている人を見かけたら、声をかけよう。
「おはよう」だけじゃなくて「今日も頑張ろうね」って笑顔で言ってみたりして、何かプラスのアクションを加えてみようよ。
上司が怒られて落ち込んでいたら「これ、手伝いましょうか?」って言ってみよう。
そんな行動をとるだけでいいのだ。

挨拶ひとつ取ったって、ただやりゃいいってもんじゃない。
音量を変えてみる。
笑顔で言ってみる。
体に触れながら言ってみる。
名前を付け加えてみる。
相手の変化をほめながら言ってみる。
プラスアルファの努力は全体へ良い影響を与える。

ちょっとしたプラスの心がけが変化をもたらし、チームを勝利に導く原動力になるものだ。
実務より気を遣う要素が大きい。
簡単なようでできない。
”やっているつもり”じゃ足りないんだよね。
組織全体がそういう雰囲気になっていなければ、まだまだということ。
「わたし一人が頑張ったところで、何も変わらない」
そんなことはありません。

自らが変われば、チームは変わる。
チームがよくなれば、それは自分に返ってくる。
自分にとって全体最適とはそういうことだ。