Nov. 6

技術の発達によって自動運転車が大きな注目を浴びている。

自分は全く興味がわかないし、乗りたいとも思わない。
運転を楽しみたい人はそれなりにいるわけで、そういう人たちの自由を奪うのはいかがなものか。
だいたいオートマ車だって退屈。

便利になることはそんなにいいことなのか。
時間を有効に使うということが根底にあるとは思うが。
アナログ的な生き方を標榜している自分からすると、「つまらない」と感じてしまう。

法的な整備もそうだが、乗り越えなくてはならない問題が大きすぎる。

これから死ぬまでボロボロの軽トラで生活していくのに、自動運転なんていりません。
田舎の農道を法定速度を守った自動運転車が走っていたら迷惑極まりない。
自動運転車が砂利道やあぜ道を走れるの?
水たまりで泥はねしないで運転できるの?
タヌキが道を横切ってきたら、そのまま轢くの?
そういう不測の事態は世の中にありふれていて、自動運転をそのたびに解除してたら面倒くさくてしょうがなくない?

いずれにしてもこんな技術は自分には必要ないので、自動化して生活できる都市をどこかに作って、そこで生活したい人のために活用してください。