Oct. 14

台風による暴風雨で多くの方が被害を受けました。

我が家もご多分に漏れず、修繕と片づけに追われております。

RWCも3試合がキャンセルとなりました。

ジャパンがスコットランドに勝利しベスト8に進出したことは世界からも驚きの目で見られていますが、本当に驚くべきは試合が無事に開催されたことではないかと思います。

試合を行うために多くの人が復旧活動にあたったと思うし、会場である日産スタジアムのピッチの状態も完ぺきだった。

こんな国は世界にはない。

断言できます。

欧米諸国でこんなに早く災害復旧できる国などありません。

普通なら試合をキャンセルにして、引き分け扱いでジャパンがベスト8に進んでもよかったと思います。

「試合がキャンセルされれば法的措置も・・」とスコットランドの日本に対する上から目線の圧力にめげずに試合を開催し、7万人の観客で満員にして、しかも勝利する。

こんなドラマは見たことがない。

 

日本は火山や地震、台風など災害列島である。

外国人からしたら外的な環境要因を考慮すると住みたくない国の上位に来るはずです。

復興する、必ず立ち上がるというメンタリティーは他に類を見ない次元ではないか。

日本は生産性が低いという。

新聞や経済誌ではよく取り上げられる。

何をもって生産性が高いのか。低いのか。

本当に低いのか?

より質の高い仕事を追及しているから、こんな世の中でも日本は踏みとどまっていられるのではないか。

言い方は悪いけど、怠けている人たちとの比較指標が妥当なのかは疑わしい。

我が家の光ケーブルを翌日の朝に直してくれたNTTにも驚いたが、「お困りだと思って・・」と人のために活動できる勤勉な国民性を、みんなで誇りに思おうじゃないですか。