Oct. 14

アメリカの営業マンとウェブ会議がありました。

最近は勉強を怠っていて、ヘボい説明しかできず「ダメだ、こりゃ」という感じでした。

使う機会を増やさないとダメだし、常に勉強するしかありません。

アメリカの高校にいたときは毎日台本を作っていました。

「あんなこと話してみよう。こんなこと話してみよう」と辞書で調べながら好きな話題について台本を書いて覚えるんです。

翌日は台本の話題を切り出して話すんですけど、当然のことながら台本通りには話が展開しません。

それはそれで新しい表現を学べて語彙が増えていく。

台本で暗記したことはそのときは使えなくても、ふとしたときに使える場面が訪れたりします。そういうときにサラッと言えたりすると、もうそれは快感なんですね。

言語の勉強の楽しさって、そういうところなんですよね。

今はスマホで簡単に調べられるし、アプリで勉強もできる。

便利な世の中になりました。

翻訳技術が進んでも人と人のコミュニケーションですから、お互いのハートの問題が大きいですよ。

機械では味気ないです。

地道に勉強して血と肉にしていきたいと思います。