Oct. 20

平尾さんが亡くなりました。

改めて人生のはかなさを感じずにはいられません。

太く短く。

自分自身も残された時間は少ないように思えてくる。

だから、「やりきった」と回想しながら目を閉じたい。