Oct. 22

「何のために」スポーツをするのかが重要だ

「何となく」やっていては成果は出ない

 

「スポーツ」を「仕事」に置き換えてみる。

従順で言われたことばかりに一生懸命な社員はつまらない。
怒られないようにと顔色を伺ってばかりいる人。
言われたことさえもできないのは論外だけど。
そんな人たちはこれからの世の中では必要とされない人材だ。
だって、ロボットと同じじゃない。
自分の思ったこと考えたことを自由に表現できるほうが、よっぽど楽しいし、付き合っていても面白い。
「自分らしさ」「自分なりのやり方」を発揮できたらどんなに楽しいだろうと思っているのは少数派らしい。

つまらない。
人生の大事な時間を無駄にしている。

未だに成果を挙げられていない。
まだまだ長い道のりになりそうだ。

従順さが求められてきた組織は壊すしかなさそうだ。