Oct. 23

女子駅伝の大会で四つん這いになってまで襷をつないだ選手について、多くの方がコメントしているようです。

監督や審判、主催者をはじめ、日本人のメンタリティーにまで批判的な意見を述べる方もいるようです。
また、反対に賞賛する方もいます。

「選手が満足していればそれでいい」
これがわたくしの思うところ。
当事者がどう思うかが重要で、評論しても意味はありません。
ラグビーでは骨折していてもプレーする人は結構います。
わたくしも足首を骨折していたんですけど試合に出ました。
そんな世界に身をおいていたので「えっ、当たり前ですけど、なにか問題でも?」という感覚があります。
自分が同じ状況だったら、同じようにしたと思います。

この選手は頸骨を骨折していたようですね。
これでは歩けません。
腓骨だけで体を支えることは無理でしょう。

本人の意思でやったことに対し、迷惑をかけたわけでもなく、誰かを傷つけたわけでもなく。
責めることはできません。
できることといえばハグだけです。

3年前の諏訪湖マラソンでは肉離れしていて激痛でリタイアしようかとも考えたんですけど完走しました。
完走なんて当たり前ですからね。
歩いたっていいんだし。
自分の場合は「どんなに痛くても歩かずに完走する」と決めているので、ただ単に貫徹するだけの話。
「バカじゃないの?」
「やめときゃいいのに・・・」
みんな言います。
みんな呆れています。ええ。

いいんです。
やりたいことやってるんだから。
自分で決めたんだから。
自分との約束を守っただけの話なんです。
筋肉が切れたって死ぬわけじゃないですし。
後遺症が残るかもしれませんけど、本人がそれでいいって言ってるんだから。
周りがガタガタ言う問題じゃないんですよね。
ただ、何も言わずにハグしてくれたら嬉しい・・・。
できることなら、ゴールで倒れてそのまま逝きたい。殉死。
ゴールの近くの日赤には搬送されたくないな~。

選手生命やその後の人生のことを考えたら、途中棄権させた方がいいのは当然です。
今回もそうした方がよかったとは思います。
監督だったらそういう指示をすぐに出します。
ただ、本人の意思でやったことは尊重しないとね。
そのかわり、その本人は後になって人のせいにしたり、後悔の言葉を吐いてはいけないと思うんです。
あくまでも自分の判断であったと。

「これもオレの人生」
桜のように散っていく人間がいたっていいじゃないですか。
って、いつも思うんです。

こういう自虐人間は疲れますので笑って終わりにしましょう。

【笑ってしまう…w】名作のタイトルに2文字足して微妙な感じにする20選