Sept. 21


高ボッチ高原より諏訪湖を望む 標高1665m

昼過ぎまで会社でお片づけをして。

約束どおり高ボッチ高原をチャリで走破しました。

山崎会長の話とはちょっと違って、最後の4キロくらいがかなり辛かった。

そもそもスタートで失敗しました。

専用のサイクリングシューズを忘れてしまいまして。

ペダルとシューズをカチッと固定できるマウンテンバイクなのですが、ふつうのランニングシューズのままこぐ羽目に。

「まあ、いけるだろう」と思っていたのははじめのうちだけで、登りが断続的に続くと辛いのです。

ふつうの自転車であれば踏み込むだけでよいのですが、本格的にこぐというのは円運動になります。

円運動全てに力を入れるので、要は押すだけでなく足を引きつける動作も行うのです。

なので、踏み込む筋力ばかり使ったせいで、やたらと脚が疲れました。

あとですね。

お尻のパッドつきのパンツを履かずに行きまして。

頂上で自転車を降りたら、もうお尻が激痛。

「うーーーっ・・・」

誰もいなきゃいいのに・・・、観光客が結構いるもんで・・・。

平静を装うのに精一杯でございました。

長距離の自転車を乗る人はアレが役立たずになるんですけど。

お尻の動静脈が圧迫され続けているので、よくないんですよ。

で、でも、世間の役にだけは勃ちたい!。(?)

 

下り道はもうビュンビュン飛ばして風になりました。

ヒルクライマーと4人くらいすれ違いました。

もう、同胞ですね。

みんな!がんばろう!!

 

車やバイクが結構多くてですね。

ほとんど県外の方々です。

巣篭もり生活の反動ですかね。

眺めもよくて、雲がなければ富士山も見えるみたいですし、なかなかいいところでしたよ。

次はどこの峠に行こうか思案中でございます。