Sept. 28

数日間、中国へ行っておりました。
久しぶりの中国です。
4年ぶりくらいでしょうか。

この国の発展スピードにはいつも驚かされます。
4年も経つとまったく違った国に変貌しておりました。
高速鉄道をわずか数年で数千キロもの路線を営業させる力は「すごい!」の一言。
きちんとメンテナンスして事故が起きないようにお願いしたいと思います。
ドイツのコピー新幹線ICEと日本のコピー新幹線が同じ線路で走っています。

中国は何でもありの国ですので多くの人が批判するのですが、これは仕方のないことです。
日本もかつては欧米に追いつけ追い越せでマネばかりしたものです。
批判なんてできません。
わたくしだって「このひとはすごい」と思えば、服装やら言動まで自然とマネてしまうものです。
人間、たいした差なんてありませんから。

中国はものすごいスピードで追いついてきています。
技術においてはもう、追い抜かれたものもあると思います。
ちょっとくやしい。
個の時代ですから、自ら考え行動した人間のみ、自分というブランド価値を保てるものと思います。
能力のある一人の人間が国境や人種、性別を越えて多くの人々や国をも動かす時代です。
「みんな一緒」という一見統制が取れている日本の良さが、大きなリスクになりうることも考えていなくてはいけません。